コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストレプトミケス Streptomyces

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストレプトミケス
Streptomyces

ストレプトマイセスともいう。土壌中や泥中などに腐生生活をしている放線菌類に属する細菌。ひとつひとつの細胞は桿状であるが,培養基表面に細胞が縦に長く連なって,いわゆる菌糸を形成する。今日までに知られた種はすこぶる多く,D.バージーの細菌検索便覧に収録されたものだけでも 150種に及んでいる。そのなかで Streptomyces griseusは,ストレプトマイシンをはじめグリセイン,キャンディシンなどの抗生物質を生産することが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ストレプトミケスの関連キーワードストレプトマイセスアクチノミケス菌類

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android