コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストロボライト

世界大百科事典 第2版の解説

ストロボライト

本来は高速度回転体の回転数を計測するために用いるネオンまたはキセノンを封入したせん光放電灯,いわゆるストロボスコピックライトstoroboscopic lightを意味し,これを応用したものがストロボスコープである。現在は写真撮影用のキセノンせん光放電灯とコンデンサー,充電器を内蔵したものを指すことが多い(図)。正しくはエレクトロニクフラッシュライトelectronic flashlightという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストロボライト

ストロボ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ストロボライトの関連キーワード光源

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android