ストロムロ山天文台(読み)すとろむろさんてんもんだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ストロムロ山天文台
すとろむろさんてんもんだい
Mt. Stromlo Observatory

オーストラリア、キャンベラ近郊のストロムロ山にある天文台。1925年設立。南アフリカ共和国の王立ケープ天文台The Royal Cape Observatory(1820設立)とともに、南半球では数少ない歴史の古い天文台である。1920年代につくられた口径66センチメートル屈折望遠鏡と、1955年に建てられた口径188センチメートル反射望遠鏡が主たる装置である。188センチメートル望遠鏡は、日本の岡山天体物理観測所のものとほとんど同じ型である。星のいろいろな波長における測光観測が行われてきたが、近年はサイディング・スプリング天文台の389センチメートル反射望遠鏡を使用しての観測も行っている。[磯部三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のストロムロ山天文台の言及

【天文台】より

… オーストラリアには,既述のようにサイディング・スプリング天文台にイギリス,オーストラリア連合の3.9m反射望遠鏡と1.2mのイギリスのシュミット望遠鏡があって大きい成果をあげている。オーストラリア固有のものとしてはキャンベラ付近に1924年創設のストロムロ山天文台があり,1.9mの反射望遠鏡をもっている。この国はまた電波天文学が盛んで,シドニーの国立理工学研究所所属のパークス観測所には直径64mのパラボラアンテナ,カルグーラ観測所には13mアンテナ96基からなる太陽電波観測用の電波干渉計がある。…

※「ストロムロ山天文台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android