コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストークスの定理 Stokes theorem

法則の辞典の解説

ストークスの定理【Stokes theorem】

ベクトル v の場の中に閉曲線 C で囲まれた曲面 S を考えるとき

をいう.ただし n は面素 ds 上にたてた法線ベクトルで,線素 dr の測定方向に右ネジを回したときにネジの進む方向を正にとる.面積分線積分の変換則の一つである.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のストークスの定理の言及

【ベクトル解析】より

…空間内に閉曲線Cを縁(へり)にもつ曲面Sが与えられたとき,が成立する。これをストークスの定理という。また,閉曲面Sで囲まれた領域Vがあるとき,体積要素をdVと書くことにすると,が成立する。…

※「ストークスの定理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストークスの定理の関連キーワードストークス(Sir George Gabriel Stokes)ベクトル解析ストークス外微分閉曲線曲面

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android