コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スノーシュー スノーシュー snowshoe

翻訳|snowshoe

4件 の用語解説(スノーシューの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スノーシュー(snowshoe)

靴につけ雪上を歩くための道具。アルミパイプの枠に幕をはったものや、一体成形のものなどがある。先端をそらし、底に爪があるので傾斜地でも楽に歩ける。長さ50センチから、幅20センチ前後。日本のかんじきに似ているが、かんじきほど潜らず歩きやすい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

スノーシュー【Snowshoe】

アメリカ合衆国原産の短毛の猫の品種。セミフォーリン・タイプシャムアメリカン・ショートヘアを交配して作り出された。脚先に靴下をはいたように白色があるのが特徴である。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スノーシュー【snowshoe】

かんじきに似た、雪の上を歩くための履き物。雪の積もる野山をトレッキングするときに使用する。

スノーシュー【Snowshoe】

ネコの一品種。アメリカ原産。短毛種。四肢に白い斑点を持つのが特徴で、名前の由来でもある。なめらかな被毛と、やや長めの体を持つ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スノーシューの関連キーワード耳栓嫁入り道具機具遠道庭下駄氷を歩む締具世間道具飲歩くスノーグラバー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スノーシューの関連情報