コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピナー型磁力計 スピナーがたじりょくけいspinner magnetometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スピナー型磁力計
スピナーがたじりょくけい
spinner magnetometer

1つのコイルのそばでサンプルを回転させると,そのサンプルが磁化をもっているときコイルに誘導電流が生じる。そのとき生じる誘導電流を測定することによりサンプルのもつ微少な磁化を測定できる。これをスピナー型磁力計という。これは外部磁場の影響を受けないように設計されているので,岩石の残留磁化の測定など微少な磁化量と方向を決めるのに使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android