コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピニフエックス組織 スピニフエックスそしきspinifex texture

岩石学辞典の解説

スピニフエックス組織

コマチアイトに特有な組織で,長く伸びた橄欖(かんらん)石と輝石の結晶が平行に放射状に配列した組織.スピニフェックスはオーストラリアの砂漠に生えている植物の名前(Triodia spinifex)である[MacKenzie, et al. : 1982].橄欖石,斜方輝石,単斜輝石の骸晶状,板状または針状の結晶またはこれらの仮晶で,岩石の風化面の模様が形成される.カナダでは同意語としてchickin-track, bird's foot, bird-trap, herring-bone, feather, lath組織などと呼ばれる[Bowes : 1989].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android