スピリファ(読み)すぴりふぁ(英語表記)spiriferid

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古生代に栄えた腕足動物の一群。普通スピリファという場合、狭義のスピリファ属Spirifer(スピリフェルとも)をさすのではなく、もっと広くスピリファ亜目Spiriferidinaに入るものをさすことが多い。一般に殻は三角形、両殻のあわさっている蝶番(ちょうつがい)線は長く、ここが殻でもっとも幅広いのが特徴。殻に放射状の肋(ろく)をもつのが普通で、殻の中央部が強く褶曲(しゅうきょく)して腕殻(背殻)に隆起部、茎殻(腹殻)に溝をつくるものが多い。殻の内部には円錐螺線(えんすいらせん)状の腕骨が1対ある。スピリファ属は石炭紀のものであるが、スピリファ亜目はシルル紀初期に出現し、デボン紀、石炭紀が最盛期で、ジュラ紀前期まで生存した。古生代後期の重要な標準化石で、わが国でも各地から多くの種が知られている。中国ではスピリファ類の化石をその形から石燕(せきえん)(石の燕(つばめ)の意)とよび、古来薬効があるとされてきた。[藤山家徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android