スフ

精選版 日本国語大辞典の解説

スフ

〘名〙 「ステープルファイバー」の略。
※断腸亭日乗〈永井荷風〉昭和一五年(1940)一月三一日「窓の女達も染色毒々しきスフの新衣をきるもの多し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のスフの言及

【化学繊維】より

…しかし,強い繊維は伸びが小さくなる。たとえば,強度7~8g/d(dはデニール)の高強力ポリエステルおよび3.5~4g/dのスフ用ポリエステルは,それぞれ7.5~12.5%および25~40%の伸びで切れる。弾性が優れているので,製品は形崩れせず,しわがよらない特徴をもつ。…

【ステープルファイバー】より

…スフとも略称される。綿花は平均2.5cm,羊毛は7.5~10cm,リネンは30~50cmの長さをもつ短繊維(ファイバー)であるにもかかわらず,人造絹糸の製造が始まってしばらくは,連続したフィラメントの絹に似せることを考えていたので,レーヨンのステープルファイバーを作ることは考えられなかった。…

※「スフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スフの関連情報