コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断腸亭日乗 だんちょうていにちじょう

3件 の用語解説(断腸亭日乗の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

だんちょうていにちじょう【断腸亭日乗】

永井荷風の日記。1917年9月16日から死の前日59年4月29日におよぶ42年間の記録。起筆当時の住居〈断腸亭〉の名にちなむ命名である。ほぼ起筆当時から自覚的態度によって執筆されている。住いの面からいえば,大久保余丁町から麻布偏奇館への移居,罹災,岡山疎開,敗戦,熱海から市川定住にいたるものである。簡潔な行動記録の枠組みの中に,季節感をみごとにとらえた叙述があり,世相,風俗,時局についての観察,感想,批判が語られており,漢詩文や江戸文人たちの著作への感想や記録があり,また女たちとの多彩な閲歴を物語る記載も見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

だんちょうていにちじょう〔ダンチヤウテイニチジョウ〕【断腸亭日乗】

永井荷風の日記。大正6年(1917)9月17日から死の前日(昭和34年(1959)4月29日)まで書き続けられた日記。「断腸亭」は起筆時に永井が住んでいた家の屋号。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

断腸亭日乗
だんちょうていにちじょう

永井荷風(かふう)の日記。1917年(大正6)9月16日から死の前日59年(昭和34)4月29日に至る42年間の記録。46年3~6月の『新生』掲載の「罹災(りさい)日録」で注目され、その後『中央公論』などに数次発表、また刊行された。起筆当時の住居「断腸亭」にちなむ命名。傍観者的な眼(め)によって、四季の風物、時勢のようす、風俗の推移、女たちとの交渉の顛末(てんまつ)、読書感想などが記されている。記録者の「偏奇」を貫く強烈な個性が、観察のいちいちに沁(し)み透(とお)っている。しかし、45年(昭和20)3月10日東京大空襲・偏奇館(その後の住居)炎上に始まる罹災日記は、一個の特異な文学者の記録であるだけでなく、国民的体験を写し残したものというべきであろう。[竹盛天雄]
『『永井荷風日記』全七巻(1958~59・東都書房) ▽『断腸亭日乗』全七巻(1980~81・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

断腸亭日乗の関連キーワードTGE-A型 軍用保護自動貨車三菱A型文学革命ニコライチャップリン文学革命青山胤通上条嘉門次志賀直哉フェスカ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

断腸亭日乗の関連情報