コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプリッター すぷりったー

5件 の用語解説(スプリッターの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スプリッター

ADSLのデータ信号と音声信号を分離する装置。壁のモジュラージャックスプリッターを差し込み、ADSLモデム電話機それぞれスプリッターに接続して使用する。ADSLスプリッターとも呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

スプリッター

 インターネットADSLVDSLを使って接続する際に、電話回線から音声通話の信号と、データ通信の信号を分割する装置です。スプリッターという言葉自身が、英語で「分割するもの」という意味です。スプリッターを内蔵したADSLモデムもあります。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スプリッター(splitter)

公衆電話回線を用いたADSLなどのデータ通信サービスにおいて、音声信号とデータ信号を分離する装置のこと。
スプリットフィンガードファーストボール

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

スプリッター【splitter】

ADSLなどの電話線を用いた高速データ通信において、通話のための低周波信号とインターネット通信のための高周波信号を分離、または混合する機器。◇コンピューターの分野では「スプリッタ」ということが多い。「DSLフィルター」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スプリッター【splitter】

電話用の音声信号と、通信用のデジタル信号を分配・混合する機器。データ伝送技術である ADSL や SDSL で、電話線における両信号の共存を可能にする。分波器。POTS(ポッツ)スプリッター。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スプリッターの関連キーワードインターネットアプライアンスインターネットカフェインターネットワーキングCATVインターネットインターネットTVインターネットナンバーインターネット割引インターネットスラングインターネットアクオスインターネット投資

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スプリッターの関連情報