コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペキュレイティブ実行

1件 の用語解説(スペキュレイティブ実行の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スペキュレイティブ実行

パイプラインアーキテクチャーを持つマイクロプロセッサーにおける性能向上技法の1つ。スペキュレイティブ実行の機能を持つマイクロプロセッサーは、分岐条件の結果が決定する前に、分岐先の命令を見込みで実行してしまう。この見込みが誤った場合(その分岐が起こらなかった場合)は、見込みにより実行した命令をやらなかったことにして、正しい命令列を実行する。このスペキュレイティブ実行では、プログラム基本ブロックを越えて命令の並列実行が可能になる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペキュレイティブ実行の関連キーワードアーキテクチャーネイティブコードネットワークアーキテクチャーアーキテクトx86アーキテクチャークライアントサーバーアーキテクチャーサービス指向アーキテクチャーパイプライン制御パイプライン方式ランドスケープアーキテクチャー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone