コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スペクトラム拡散 すぺくとらむかくさん

2件 の用語解説(スペクトラム拡散の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スペクトラム拡散

無線でデータを送信する際の変調方式の1つで、信号を広い周波数帯に拡散して送信する方法。もともとは、通信の秘密を守る目的の軍事技術として使われていた。スペクトラム拡散では、たとえば1MHzの帯域幅が必要な信号を10MHz分に拡散して送る。信号の密度を下げて送ることになるので出力が弱くなり、信号なのかノイズなのかを見分けにくくなる。こうした信号の特性により、スペクトラム拡散はノイズに強いという特徴を持つ。拡散された信号は復調により元の狭い範囲の信号に戻されるが、このとき、拡散された信号の一部にノイズが混じっていても、元の信号に戻したときにはノイズ成分が薄まる(逆拡散)というものだ。代表的なスペクトラム拡散方式として、直接拡散方式DSSS)や周波数ホッピング方式FHSS)などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スペクトラム‐かくさん〔‐クワクサン〕【スペクトラム拡散】

spread spectrum》無線通信において、搬送波周波数帯域を大幅に広げて送信し、受信側で復元する変調技術。干渉や雑音に強く、秘匿性に優れる。第三世代携帯電話通信方式CDMAのほか、無線LAN(ラン)Bluetooth(ブルートゥース)で利用される。スペクトル拡散周波数拡散

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スペクトラム拡散の関連キーワードOFDM直交振幅変調データ通信ユニキャスト振幅変調位相変調IGMPロボット観測エコーチェック誤送信

スペクトラム拡散の関連情報