コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポロトリクス症 すぽろとりくすしょう Sporotrichosis

1件 の用語解説(スポロトリクス症の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

すぽろとりくすしょう【スポロトリクス症 Sporotrichosis】

[どんな病気か]
 土の中や、植物などについているスポロトリクス・シェンキイという真菌(しんきん)(かびの仲間)による皮膚感染症です。まれに内臓や関節にも病変をおこすこともあります。たくさんの人が農作業や土いじりでけがをしているはずですが、発生数は年間数十例以下と少数です。
[症状]
 顔や手などの、菌が侵入した皮膚の部位に潰瘍(かいよう)ができ、ときにはそこからつぎつぎに飛び火して新しい潰瘍ができます。
[治療]
 潰瘍から取った分泌液(ぶんぴつえき)や皮膚片を培養して、原因菌が確認できれば診断がつきます。
 治療は比較的簡単で、昔から使われているヨードカリや、新しい内服抗真菌薬を使います。病変部を使い捨てカイロなどで暖める温熱療法もあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

スポロトリクス症の関連キーワード食性マンナンどんな何心地何なり不死身プリマドンナ病は気から治めるどんどん橋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone