コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマラ Smara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スマラ
Smara

西サハラ北部,サギエエルハムラ地方中北部にあるオアシスの町。アイウン東南東 160kmに位置し,隊商路の要衝。元行政庁所在地。人口約 1300。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スマラ(Smara)

アフリカ北西部、西サハラの内陸都市。同国北部のオアシスに位置し、19世紀に隊商路の中継地として建設。20世紀初頭にスペイン領サハラの首都が置かれた。また、イスラム教の図書館などもつくられ、宗教の中心地になった。スペインの領有権放棄後はモロッコによる実効支配が続いている。セマラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

スマラの関連キーワードファン・ヒンローペン・ラッベルトン聖マリアコプト教会ジャワトゥンガ州アースマラソンスネーフリートエメラルド碑板スマラプラ王宮マランゴニ効果アスマラ大聖堂デーフェンテルファン・モークバヘリーニャスゴアラワ寺院クバティナンマラ・ルスリスマラプラクルンクンエリトリアサラティガレガスピ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スマラの関連情報