コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スマートメディア スマートメディア

4件 の用語解説(スマートメディアの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スマートメディア

東芝が開発したメモリーカード。容量は16MBから128MBで、サイズは45×37×0.76ミリ。変換アダプターを利用すると、Type IIのPCカードスロットに挿入して利用できる。またフラッシュパスというアダプターを利用すれば、フロッピーディスクドライブで利用することもできる。なお、一枚一枚に固有の番号を付けたID付きスマートメディアも販売されている。この番号は、ポータブルオーディオプレーヤーの著作権保護機能などで用いられていた。現在、スマートメディアの生産は終了しており、在庫のみの販売となっている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

スマートメディア

メモリーカードの一種です。かつてはデジタルカメラなどでよく利用されていましたが、SDメモリーカードのような小型で大容量のカードに世代交代しました。
⇨CFカード、SDメモリーカード、
メモリーカード、メモリースティック

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

スマートメディア(SmartMedia)

東芝が開発した小型メモリーカードの規格の一。デジタルカメラや携帯情報端末記憶媒体として利用された。商標名。xDピクチャーカードはスマートメディアの後継製品。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典の解説

スマートメディア

 SM(SmartMedia)カードと略す。開発した東芝の商標。サイズは45.0×37.0×0.76mmの小型薄型の フラッシュメモリーカード 。コントロール回路は内蔵せず、デジカメやカードアダプター側の回路を使用する。しかし、すでに東芝も生産を終了。スマートメディアを使用する新型デジタルカメラはさすがにもう現れないに違いない

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

スマートメディアの関連キーワードメモリーカードメモリースティックProマイクロSDメモリーカードミニSDメモリーカードSDXCメモリーカードmicroSDHCメモリーカード/マイクロSDHCメモリーカードminiSDHCメモリーカード/ミニSDHCメモリーカードminiSDメモリーカード/ミニSDメモリーカード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スマートメディアの関連情報