東芝(読み)とうしば

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

東芝

パソコン、通信機器、家庭電化製品などを製造・販売する総合電機メーカー。1875年創業。1989年にノートパソコンDynaBook」シリーズを発売。現在のノートパソコンに至る流れを作る。また、1996年にミニノートパソコン「Libretto」シリーズを発表するなど、ノートパソコンを中心にした製品群を販売している。最新シリーズは、AV機能を重視した「Qosmio」。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

東芝

正式社名「株式会社東芝」。英文社名「TOSHIBA CORPORATION」。電気機器製造業。明治8年(1875)創業。同37年(1904)「株式会社芝浦製作所」設立。昭和14年(1939)「東京電気株式会社」と合併し「東京芝浦電気株式会社」に改称。同59年(1984)現在の社名に変更。本社は東京都港区芝浦。総合電機メーカー。フラッシュメモリ・半導体などの電子部品と原子力発電機器・電力流通システムなどの社会インフラ分野に強み。東京(第1部)・名古屋(第1部)・ロンドンの各証券取引所上場。証券コード6502。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東芝
とうしば

総合電機メーカー。 1875年創業の田中製造所が前身で,1904年芝浦製作所として改組設立。 39年東京電気 (1890年創業) と合併して東京芝浦電気と社名変更。その後数社を合併して発展。 84年現社名に改称。家庭電器,発電設備などの重電機コンピュータ,放送装置,防衛機器,電子機器などのほか,コンピュータ・ドクターなどの医療用電子機器の開発でも注目されている。近年は特に情報分野に注力している。売上構成比は,情報通信システム 42%,電子デバイス 25%,電力・産業システム 22%,家電 11%。年間売上高5兆 3009億 200万円 (SEC方式。うち輸出 35%) ,資本金 2749億 1600万円,従業員数6万 3328名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東芝の関連情報