コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スモリャン スモリャンSmolyan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スモリャン
Smolyan

ブルガリア南部,プロブディフ州の都市。ロドピ山脈中部のスモリャン盆地,標高約 1000mに位置する。たばこ,繊維,製材,絶縁材などの工場があり,タバコ栽培や牧畜も盛ん。 1913年ブルガリア領となったが,山中のためトルコ風の習俗を最も色濃く保ち,特にその民族衣裳はロドピ風の代表的なものとして有名。人口5万 1172 (1988推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android