コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スモーリヌイ修道院 スモーリヌイシュウドウイン

デジタル大辞泉の解説

スモーリヌイ‐しゅうどういん〔‐シウダウヰン〕【スモーリヌイ修道院】

Smolnïy monastïr'Смольный монастырь》ロシア連邦北西部、レニングラード州の都市サンクトペテルブルグにある修道院。18世紀にエカチェリーナ2世が女子教育の場として創設。かつての女学校と、イタリアの建築家バルトロメオ=ラストレッリの設計によるバロック様式の聖堂がある。1917年にソビエト政権の独立宣言が行われ、首都がモスクワに移されるまで革命政府の本部として使われた。1990年、「サンクトペテルブルグ歴史地区と関連建造物群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

スモーリヌイ修道院の関連キーワードサンクトレニングラード州エカチェリーナロシア美術

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android