コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スリランカ内戦 スリランカナイセン

デジタル大辞泉の解説

スリランカ‐ないせん【スリランカ内戦】

宗教・民族問題などから約25年にわたり政府・反政府武装組織間で続いたスリランカの民族紛争。多数派で仏教徒シンハラ人への配慮政策を推進する政府に対し、少数派でヒンズー教徒が多いタミル人が反発。1970年代に分離独立運動が起こり、83年にタミル・イーラム解放の虎(LTTE)などの反政府勢力が武力闘争を開始。2009年5月、人間の盾などで交戦したLTTEが敗北声明を発表し、内戦終結となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スリランカ内戦

人口の7割強を占めるシンハラ人に対し、2割弱の少数派タミル人が70年代から分離独立運動を開始。83年ごろからLTTEが武力闘争を始め、一時は国土の約3分の1を支配した。しかし、08年から政府軍が攻勢に転じ、今年5月19日にラジャパクサ大統領が完全制圧を宣言した。LTTEの支配下にいた約30万人のタミル人は避難民キャンプに収容された。

(2009-07-17 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

スリランカ内戦の関連キーワードスリジャヤワルダナプラコッテノルウェー