コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルターン・アルアトラシュ Sulṭān al‐Aṭrash

1件 の用語解説(スルターン・アルアトラシュの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スルターン・アルアトラシュ【Sulṭān al‐Aṭrash】

1891‐1982
レバノンドルーズ派政治指導者。名望家族の出。フランス委任統治下で地方分割案に反対して全シリアの統合を呼びかけ,反乱を組織して1925‐26年にフランス軍と衝突,何度か撃退して民族闘争の英雄となる。結局,反乱は鎮圧されるがトランスヨルダンサウジアラビアに亡命,37年帰国するが〈国民ブロック〉の批判者として活動。彼の反乱は凶作・失業の時期に重なっていたから有効であり,フランス当局に民族主義闘争の存在を認識させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スルターン・アルアトラシュの関連キーワードアマルセントアンドルーズレバノンゼノンの逆説ドルーズ派レバノン杉のんのん有事のドル買い(売り)レバノンとヒズボラレバノン情勢

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone