コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルターン・アルアトラシュ Sulṭān al‐Aṭrash

世界大百科事典 第2版の解説

スルターン・アルアトラシュ【Sulṭān al‐Aṭrash】

1891‐1982
レバノンドルーズ派の政治指導者。名望家族の出。フランスの委任統治下で地方分割案に反対して全シリアの統合を呼びかけ,反乱を組織して1925‐26年にフランス軍と衝突,何度か撃退して民族闘争の英雄となる。結局,反乱は鎮圧されるがトランス・ヨルダン,サウジアラビアに亡命,37年帰国するが〈国民ブロック〉の批判者として活動。彼の反乱は凶作・失業の時期に重なっていたから有効であり,フランス当局に民族主義闘争の存在を認識させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

スルターン・アルアトラシュの関連キーワード[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門ドボルザーク(Antonín Dvořák)早稲田大学日本郵便制度史(年表)アダムズ(Richard Adams)石井和紘北村太郎鈴木志郎康蓮實重彦

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android