コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルホニウム化合物 スルホニウムかごうぶつsulfonium compound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スルホニウム化合物
スルホニウムかごうぶつ
sulfonium compound

一般式 R3S+X- で表わされる化合物。オキソニウム化合物の酸素原子を硫黄原子で置き換えた化合物である。スルホニウムは強塩基で,適当な酸基 (ハロゲンイオン,水酸化物イオンなど) と結合して安定に存在する。チオエーテル (スルフィド) の硫黄原子のアルキル化によって生成する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スルホニウム化合物の関連キーワードホフマン則

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android