スルホ安息香酸(読み)スルホアンソクコウサン

化学辞典 第2版「スルホ安息香酸」の解説

スルホ安息香酸
スルホアンソクコウサン
sulfobenzoic acid

carboxybenzenesulfonic acid.C7H6O5S(202.19).HO3S-C6H4CO2H.o-,m-,p-スルホ安息香酸の3種類の異性体が存在する.相当するトルエンスルホン酸を酸化するか,安息香酸をスルホン化すると得られる.融点は,o-体;70 ℃(三水和物),134 ℃(無水和物),m-体;98 ℃(二水和物),141 ℃(無水和物),p-体;94 ℃(三水和物),259 ℃(無水和物).いずれも水,エタノールに可溶.五塩化リンで処理するとクロロ安息香酸を,アルカリ融解によりヒドロキシ安息香酸を与える.o-スルホ安息香酸の環状イミド誘導体はサッカリンである.[CAS 636-78-2:p-スルホ安息香酸][CAS 121-53-9:m-スルホ安息香酸]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android