コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルーホール技術 するーほーるぎじゅつ

1件 の用語解説(スルーホール技術の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スルーホール技術

多層プリント基板において、異なる層間を接続するための技術。通常はプリント基板に穴(hole)を開けて、穴の内壁にメッキを施し、目的の層間を接続する。基板全体を上から下へ貫通する穴を空けるのが普通であるが、途中の層間だけを接続するという高度な技術もある。主にDIPタイプのICやリード線の付いた抵抗、コンデンサ、ジャンパブロックなどの装着に使用されている。 スルーホール技術を用いたプリント基板では、基板に穴を空けなければならないので、ある程度以上ピンの密度を上げることができない。そのため、基板に穴を空ける必要のない表面実装技術のほうが小型化、低価格化がしやすい。現在では10本/inch以上の端子ピッチの部品に対しては表面実装が行なわれている。→表面実装

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スルーホール技術の関連キーワードプリント基板プリントキュープリント配線板プリント回路板基板ステラプリント配線

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone