コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スルーホール技術 するーほーるぎじゅつ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

スルーホール技術

多層プリント基板において、異なる層間を接続するための技術。通常はプリント基板に穴(hole)を開けて、穴の内壁にメッキを施し、目的の層間を接続する。基板全体を上から下へ貫通する穴を空けるのが普通であるが、途中の層間だけを接続するという高度な技術もある。主にDIPタイプのICやリード線の付いた抵抗、コンデンサ、ジャンパブロックなどの装着に使用されている。 スルーホール技術を用いたプリント基板では、基板に穴を空けなければならないので、ある程度以上ピンの密度を上げることができない。そのため、基板に穴を空ける必要のない表面実装技術のほうが小型化、低価格化がしやすい。現在では10本/inch以上の端子ピッチの部品に対しては表面実装が行なわれている。→表面実装

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android