コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

IC アイ シー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

IC

集積回路。トランジスターやダイオード、抵抗、コンデンサーなどの電子部品を集積し、シリコンやガリウムひ素でできている半導体チップ上にまとめたもの。使われている素子の数が、1000~10万個程度のものをLSI(Large Scale Integration)と呼ぶ。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

IC

トランジスタやダイオード、抵抗、コンデンサーなどを1つの半導体チップの上や基板の上に集積し、金属薄膜で配線して作った電子回路。ICというのはその総称。1つの半導体チップ上に約1000個以上の素子を集積化した集積回路をLSI、10万個以上の素子を集積した集積回路をVLSIと呼ぶ。消費電力の小さいシリコンCMOS・LSIが主流。機能から見るとDRAMやフラッシュ・メモリーなどのメモリーやマイクロプロセッサーのような論理演算を行うもの、無線やアナログ機能を行うものがある。ほとんどがシリコン・プロセス技術を使って製造され、最小線幅65nm(n〈ナノ〉は10億分の1)程度のものが製品化され、45nmレベルが開発中。設計には、コンピューター援用設計技術(CAD:computer aided design)あるいは自動設計技術(EDA:electronic design automation)を使う。コンピューター、情報機器、通信機器、家電製品、自動車など、ほとんどすべての機器やシステムに使われている。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アイ‐シー【IC】[integrated circuit]

integrated circuit》「集積回路」に同じ。

アイ‐シー【IC】[informed consent]

informed consent》⇒インフォームドコンセント

アイ‐シー【IC】[interchange]

interchange》高速道路のインターチェンジ

アイ‐シー【IC】[independent contractor]

independent contractor》「独立業務請負人」に同じ。

アイ‐シー【IC】[isolation condenser]

isolation condenser》⇒非常用復水器

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

IC【アイシー】

integrated circuit(集積回路)の略。トランジスター,抵抗,ダイオードなど能動素子受動素子を一つの基板上または基板内に,分離できない状態に結合してある超小型回路
→関連項目イオン注入キルビー携帯電話固体回路地下水汚染電子マネードライエッチングトランジスタートランジスターラジオ半導体分子素子マイクロモジュール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

アイシー【IC】

ひとつの半導体の基板(チップ)上にトランジスター・ダイオード・コンデンサー・抵抗などの素子をまとめ、金属の薄膜で配線した電子回路(の総称)。◇「integrated circuit」の頭文字から。「集積回路」「半導体集積回路」ともいう。また、単に「チップ」ともいう。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

IC

〖independent contractor〗
独立業務請負人。複数の企業から、専門性の高い仕事を業務単位の契約によって請け負う個人事業者。雇用されず、起業もしない。

IC

〖integrated circuit〗
集積回路の一。数 mm 四方のシリコンまたはガリウムヒ素などの半導体を加工して、多数の回路素子を組み込み電子回路として機能するようにしたもの。小型・軽量で消費電力が小さく、コンピューターをはじめ、多くの電気製品に用いられる。

IC

〖interchange〗

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

IC
アイシー

集積回路」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

IC
あいしー

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のICの言及

【集積回路】より

…通常はICと略称され,〈二つ,またはそれ以上の回路素子のすべてが,一つの基板上または基板内に組み込まれている回路であり,設計から製造,試験,運用に至るまで各段階で一つの単位として取り扱われるもの〉と定義されている。ここで基板substrateというのは,トランジスターやICがその上に形成される単結晶素材で,通常は元素半導体であるシリコンが使用されるが,高性能ICに対しては,化合物半導体であるガリウムヒ素GaAsが使用される。…

【記憶装置】より

…コンピューターの一部でデータやプログラムをたくわえる部分を記憶装置という。CPU(中央処理装置の略)が記憶装置からプログラムとデータとを取り込んで計算し,結果を記憶装置に書き込むことで計算が進む。コンピューターは,通常,複数の記憶装置をもっている。
【記憶装置の原理】
コンピューター内部では,0と1だけで構成された二進数によって,数値だけでなく文字や画像などのすべての情報が表現される。記憶装置においては電気・磁気などの物理量によって情報が表現され,半導体メモリーの場合はトランジスターの出力電圧が正か0か,磁気記憶の場合は磁化されているかいないかなどの2状態を二進数の0と1とに対応させることによって情報を表現する(図1-a,図1-b)。…

【集積回路】より

…通常はICと略称され,〈二つ,またはそれ以上の回路素子のすべてが,一つの基板上または基板内に組み込まれている回路であり,設計から製造,試験,運用に至るまで各段階で一つの単位として取り扱われるもの〉と定義されている。ここで基板substrateというのは,トランジスターやICがその上に形成される単結晶素材で,通常は元素半導体であるシリコンが使用されるが,高性能ICに対しては,化合物半導体であるガリウムヒ素GaAsが使用される。…

【テキサス・インスツルメンツ[会社]】より

…本社テキサス州ダラス。1938年同社の前身ジオフィジカル・サービス社Geophysical Service Inc.が設立された。この会社の主要業務は,大手石油会社の委託による石油鉱床の探査,およびそれに必要な電子機器の開発・製造であった。…

※「IC」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ICの関連キーワードXacti SOUND RECORDERインディペンデントコントラクターセミアクティブ型ICタグカモノハシのイコちゃんアクティブ型ICタグICカードリーダーパッシブ型ICタグ非接触式ICカード交通系ICカード接触型ICカード非接触ICカードRFID タグカスタムチップファンタジックカスタムLSIIC運転免許証スマートカードガリウムヒ素RFIDタグminamo

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ICの関連情報