コンデンサ(読み)こんでんさ

  • capacitor
  • condenser

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

2枚の金属板の間に誘電体となる絶縁体をはさんだ電子部品のこと。電圧をかけると、その電圧に応じて電荷を蓄える。電源回路や高周波フィルターなどに利用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キャパシタ,あるいは蓄電器ともいう。空気または誘電体をはさんで2枚の導体板を向い合せ,電気をたくわえる装置。2枚の板に電圧 V をかけると,それぞれ互いに異符号の電荷 Q が電圧に比例して表われる。その比 CQ/V は電気をたくわえる能力でコンデンサの電気容量あるいはキャパシタンスという。コンデンサとして初めて使われたものはライデン瓶である。誘電体として,おもにプラスチックフィルム,酸化アルミニウム,5酸化タンタルセラミックが用いられている。電子回路におけるアルミ電解コンデンサや積層磁器コンデンサが近年注目されている。またバリコンと呼ばれる可変コンデンサもある。回路中にあっては直流電流を阻止するが,交流は通す。角周波数ωの交流に対して 1/ωCリアクタンスとなり,高周波電流をよく通す。そのほか共振回路平滑回路,位相調整,スイッチと組合せたスイッチドキャパシタ回路として広く使われている。
集光器とも呼ばれる。光学機械などで,レンズ反射鏡により光源から発する光を集めて一方向に向ける装置。

凝縮器」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コンデンサの関連情報