コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スローターハウス5

3件 の用語解説(スローターハウス5の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

スローターハウス5

1972年製作のアメリカ映画。原題《Slaughterhouse Five》。カートヴォネガットの同名SF小説の映画化。監督:ジョージ・ロイ・ヒル、出演:マイケル・サックス、ユージン・ロッシュ、ロン・リーブマンほか。

スローターハウス5

米国の作家カート・ヴォネガットの長編SF(1969)。原題《Slaughterhouse-Five》。『屠殺場5号』の邦題もある。1972年、ジョージ・ロイ・ヒル監督で映画化。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スローターハウス5
すろーたーはうすふぁいぶ
Slaughterhouse-Five

アメリカの作家カート・ボネガットの小説。1969年刊。主人公ビリー・ピルグリムは、作者と同じく、第二次世界大戦末期の連合軍によるドレスデン無差別爆撃ドイツ軍捕虜として体験し、たまたまと畜場の地下室にあって難を逃れる。主人公は不条理の世界の笑劇的遍歴者(ピルグリム)として設定され、時間遊泳術のおかげで最悪の苦痛から逃れることができる。帰国して裕福な結婚生活を送り、空飛ぶ円盤によってトラルファマドール星へ旅行し、その体験談を新聞やラジオで発表する。検眼医の彼は、人間界の不幸を冷然と眺めうる宇宙的な目を手にする幸福な人間である。1960年代ブラック・ユーモア文学の典型と目される。[寺門泰彦]
『伊藤典夫訳『スローターハウス5』(ハヤカワ文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スローターハウス5の関連キーワードクラムダンボアメリカ アメリカあめりか祭アメリカの影アメリカを斬るアメリカン・グラフィティ2スルース巴里のアメリカ人ビッグ・アメリカン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スローターハウス5の関連情報