コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボネガット ボネガット Vonnegut, Kurt, Jr.

5件 の用語解説(ボネガットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボネガット
ボネガット
Vonnegut, Kurt, Jr.

[生]1922.11.11. インディアナインディアナポリス
[没]2007.4.11. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の小説家。コーネル大学シカゴ大学大学院に学ぶ。第2次世界大戦に従軍,ドイツで捕虜になった経験をもつ。 SF風の幻想小説による文明批判を特色とし,アメリカで最も人気のある作家の一人となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボネガット(Kurt Vonnegut)

[1922~2007]米国の小説家。SF的手法を用いて現代社会を諷刺する作品を多く残した。作「タイタンの妖女」「猫のゆりかご」「スローターハウス5」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボネガット

米国の作家。機械と人間の関係をめぐる反ユートピア小説の処女作《プレイヤー・ピアノ》(1952年),宇宙を舞台にしたスラップスティックの第2作《タイタンの妖女》(1959年)以来,SF作家として作品を発表するが,第2次世界大戦中にドイツ軍捕虜となった経験をもとにした《スローターハウス5》(1969年)で作家として決定的な評価を獲得。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ボネガット【Kurt Vonnegut】

1922~2007) アメリカの小説家。漫画タッチの SF 的手法を用いて、素朴な道徳観をユーモラスに提示、1960~70年代に若者の絶大な支持を得た。代表作「スローターハウス 5 」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボネガット
ぼねがっと
Kurt Vonnegut
(1922―2007)

アメリカの小説家。インディアナポリス生まれ。コーネル大学で化学と生物学を学ぶ。在学中に軍隊に入り、ヨーロッパ戦線に送られる。ドイツ軍の捕虜となり、ドレスデンに抑留中の1945年2月13日、連合軍の大空襲にあうが、と畜場地下の生肉貯蔵所に監禁されていたため奇跡的に助かる。この皮肉な恐怖体験が、彼の文学の重要なモチーフを形成する。戦後シカゴ大学で人類学を学び、のちにゼネラルエレクトリック社の広報文案係の職を得て、先端技術の町スキネクタデー(作中ではイリアム)で4年間を過ごす。この経験が彼のSFばり、劇画ばりの作風を決定する。1952年、コンピュータに支配される近未来の工場を描いた反ユートピア小説『プレイヤー・ピアノ』を出版。以後、宇宙をさまよい続けるべく運命づけられた男の生涯をさまざまなSF的奇想を凝らして描いた『タイタンの妖女(ようじょ)』(1959)、ナチになりすましたアメリカ人スパイが戦後戦犯として裁かれる帰属先喪失の物語『母なる夜』(1961)、架空の最終兵器「アイス・ナイン」がもたらす人類滅亡の物語『猫のゆりかご』(1963)、現代における絶対の善人を描く『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』(1965)など、矢つぎばやに秀作を発表した。1967年ドレスデンを再訪し、1969年『スローターハウス5(ファイブ)』を出版した。これは、宇宙の果ての星「トラルファマドール」に視点を置くことによって、言語に絶する悲劇を茶化してみせたブラック・ユーモアの傑作。この作品によって「ボネガットばり」とよぶにふさわしい特異な作風を確立する。これまでの作品の登場人物がここに再登場するのだが、そのうち作者の自画像ともいうべきSF作家キルゴア・トラウトはルイス・キャロル風の作品『チャンピオンたちの朝食』(1973)では主要人物の一人となる。
 その後、老人の回想録の形をとった作品が続く。『スラップスティック』(1976)はアメリカ最後の大統領の回想録という形をとり、『ジェイルバード』(1979)はウォーターゲート事件に巻き込まれる官僚の物語、『デッドアイ・ディック』(1982)は中性子爆弾の事故にまつわる話を中心とし、『ガラパゴスの箱舟』(1985)は世界滅亡100万年後の物語。長編として、ほかに『青ひげ』(1987)、『ホーカス・ポーカス』(1990)、『タイムクェイク』(1997)がある。短編集として、「バーンハウス効果」「製作所の鹿(しか)」などの秀作を含む『モンキー・ハウスへようこそ』(1968)があり、また二つのエッセー集『ヴォネガット、大いに語る』(1974。原題Wampeters, Foma, and Granfaloons)、『パームサンデー』(1981)がある。1984年(昭和59)国際ペン大会で来日した。[寺門泰彦]
『池澤夏樹訳『母なる夜』(1973・白水社) ▽浅倉久志訳『プレイヤー・ピアノ』『タイタンの妖女』『ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを』『チャンピオンたちの朝食』『スラップスティック』『ジェイルバード』『デッドアイ・ディック』『ガラパゴスの箱舟』『青ひげ』『ホーカス・ポーカス』(ハヤカワ文庫) ▽伊藤典夫訳『スローターハウス5』『猫のゆりかご』(ハヤカワ文庫) ▽伊藤典夫他訳『モンキー・ハウスへようこそ』2冊(ハヤカワ文庫) ▽飛田茂雄訳『ヴォネガット、大いに語る』(サンリオ文庫) ▽飛田茂雄訳『母なる夜』『パームサンデー――自伝的コラージュ』(ハヤカワ文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボネガットの関連キーワードアシスタント社会倫理エルゴデザイン銀河帝国の興亡グレン・グールドをめぐる32章歌麿をめぐる五人の女ダウト:疑いをめぐる寓話クラマース‐クローニヒの関係式ゲル=マンの関係マン・マシンシステム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone