コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スワジ

百科事典マイペディアの解説

スワジ

南アフリカのバントゥー系の民族。ズールー族から分かれスワジランドに居住。父権的大家族,年齢階梯(かいてい)制など固有の慣習を維持。約50万人。キビ,トウモロコシ等の栽培,牧畜(おもに牛)を営む。
→関連項目スワジランド

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スワジ
すわじ
Swazi

南部アフリカのスワジランドに住むバントゥー系農耕民。人口は約76万(1995)。東アフリカから南下してきたと考えられる遊牧民ングニの一派で、ズールーともっとも近縁である。スワジランドはスワジの伝統的王国であり、王母(クイーン・マザー)も王制のなかで重要な位置を占め、その居住地は王国の主都になる。おもな作物はトウモロコシ、カボチャ、落花生、メロンなどである。換金作物としてタバコと綿花を栽培する。家畜には牛、羊、ヤギなどを飼う。牛には非常に大きな価値が置かれ、王は「人々の雄牛」とたたえられる。喪に服している人や月経中の女性は牛から遠ざけなければならない。かつては首長によって共同の狩猟が組織され、象、ライオン、ヒョウなどを狩った。外婚的父系クラン(氏族)をもち(サブ・クランもしばしば外婚の単位となる)、子供たちは父のクラン名を与えられる。妻は婚入後も自分の父のクラン名を名のるので、夫の親族とは異なる集団に属しているという認識が明確である。5~7年ごとに形成される年齢組があり、各年齢組は固有の名、象徴、歌、小屋、役職をもつ。祖先崇拝が発達しているが、スワジの宗教は王制とも密接に結び付いている。雨も王権と関連する呪薬(じゅやく)によってコントロールされ、王は雨乞(あまご)い師でもある。数日間にわたって行われる複雑な王の即位儀礼であるインクワラは、アフリカの王権を理解するための貴重な事例となっている。[加藤 泰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスワジの言及

【バントゥー諸語】より

…ザンビアのルンダ語,ベンバ語,ジンバブウェのショナ語,ヌデベレ語。ボツワナではツワナ語,アンゴラのムブンドゥ語,南アフリカのソト語,ズールー語,スワジ語などである。【松下 周二】。…

※「スワジ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

スワジの関連キーワード南部アフリカ関税同盟マンテンガ自然保護区ブレーマースドルプスワジランドの要覧シブシソ ドラミニムカヤ動物保護区セムバ ドラミニ南アフリカ共和国ピートレティーフエマランゲーニズールーランドムプマランガ州ムスワティ3世フラネ国立公園リランゲーニヌグウェンヤソブーザ2世ソブフザ2世シベベロックヌフランガノ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android