スワデシ(英語表記)〈ヒンディー〉Swadeshī

デジタル大辞泉の解説

スワデシ(〈ヒンディー〉Swadeshī)

《自国の、の意》インドの独立運動の手段の一。英国商品を排斥し、国産品の愛用奨励をうたったもの。→スワラジ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スワデシ【Swadeshi】

〔ヒンディー語で、自国産の意〕
インド独立運動で採択された綱領の一。反英抗争としての国産品愛用を提唱したもの。 → スワラジ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

スワデシ

〘名〙 (Swadeshi 「自国の」の意) 二〇世紀初頭におけるインド独立運動のスローガンの一つ。国産品愛用・国産奨励の提唱。インドブルジョアジーを成長させ独立への布石にしようとしたもので、ガンジーはカーディ(手織り服)とチャルカ(手紡ぎ車)運動にこれを具体化した。→スワラジ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android