コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

布石 ふせき

5件 の用語解説(布石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

布石
ふせき

囲碁用語。1局の碁を序盤,中盤,終盤の3段階に分け古くは「石立 (いしだて) ,分れ,固め」といった。布石はその石立にあたり,起手から中盤戦が展開するところまでをいう。手数は一定しないが 40手から 50手ぐらいが普通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぬの‐いし【布石】

道に沿うなどして、長くすえつけた敷石。ぬのしきいし。

ふ‐せき【布石】

囲碁で、序盤戦での要所要所への石の配置。
将来のために配置しておく備え。「新党結成への布石を打つ」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぬのいし【布石】

布敷ぬのじきに用いる石。布敷石。
土台下などに、長く敷いた石。

ふせき【布石】

( 名 ) スル
囲碁で、序盤に全局的な構想に立って石を置くこと。また、その打ち方。 「 -の段階を終わる」
将来のためにあらかじめ整えておく手はず。 「将来への-とする」 「先を見通して-しておく」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

布石の関連キーワード宿場厚み石配り大供序盤正着要所四つ目殺し井目中手

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

布石の関連情報