コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ズプコフ首相 ずぷこふしゅしょう

1件 の用語解説(ズプコフ首相の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ズプコフ首相

ロシアでは2007年9月にフラトコフ首相の辞任を受けて、プーチン大統領は全く無名のビクトル・ズプコフ連邦金融監視局長(65)を次期首相候補に指名し、下院はそれを承認した。ズプコフ氏はレニングラード州の農業大学を卒業後、同州のソフホーズ(国営農場)や共産党組織の幹部として働いた。彼はその後税務関係の機関に移り、01年に財務省第1次官になった。プーチンとはサンクトペテルブルク時代以来密接な関係を有していた。ズプコフは政策的には食料品の価格統制など保守的な面を前に出しており、セチン大統領府副長官など強硬派のシロビキ(軍・治安関係者)との関係を強めた。首相の指名によって、大統領候補の一員になったとみなされたが、2007年12月にメドベージェフが次期大統領に指名され、その可能性は消えた。

(袴田茂樹 青山学院大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ズプコフ首相の関連キーワードグラトコフチャイコフスキーナボコフラトビアレスコフミリューコフ原子力協定コロトコフ法労農ロシア勇利アルバチャコフ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone