セゴビア大聖堂(読み)セゴビアダイセイドウ

デジタル大辞泉の解説

セゴビア‐だいせいどう〔‐ダイセイダウ〕【セゴビア大聖堂】

Catedral de Santa María de Segovia》スペイン、カスティーリャ‐レオン州の都市セゴビアにあるゴシック様式の大聖堂。16世紀から18世紀にかけて建造。古代ローマ時代の水道橋やアルカサルなどの歴史的建造物とともに、1985年「セゴビア旧市街とローマ水道橋」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android