コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セサミノール せさみのーる

食の医学館の解説

せさみのーる【セサミノール】

 抗酸化成分の総称である「ゴマリグナン」には、セサミンセサモリンセサミノールなど、いろいろな種類があります。「ゴマ」では、その50~60%を占めるセサミンについて触れましたが、セサミノールも重要な働きをします。
 セサミノールは、ゴマ自体には少量しか含まれていませんが、セサミノール配糖体(セサミノールに糖の分子がついたもの)を大量に含んでいます。これは、体内に入ると腸内細菌の働きにより、セサミノールに変換します。そして、腸管から吸収され、全身の細胞の酸化を抑えてくれることがわかりました。
 動脈硬化を進行させる原因は、血中の悪玉コレステロール活性酸素によって酸化することだといわれています。セサミノールには、その酸化を防ぐ働きもあるので、動脈硬化の進行を抑える作用も期待できます。
 ゴマで効用を得るには、少量でも毎日とることです。大さじ1杯を目安に、こまめにとるようにしましょう。

出典|小学館食の医学館について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セサミノールの関連情報