セッコウボード(石膏ボード)(読み)せっこうボード(英語表記)plaster board

世界大百科事典 第2版の解説

せっこうボード【セッコウボード(石膏ボード) plaster board】

焼セッコウにおがくずやパーライト(黒曜石や真珠岩を粉砕し焼成したもの)などの混和材を混ぜ,適量の水を加えよく練り混ぜたものを芯とし,表面を厚紙で被覆して板状に成形したもの。厚いものは不燃材,薄いものは準不燃材であり,くぎ打ちやナイフでの切断が可能で施工性がよく,内部の壁材として多用されるほか天井材にも用いられる。クロスばりやペイント塗装およびプラスター塗の下地材とするのが主であるが,表面にプリント印刷したり,化粧紙や木の単板をはった化粧セッコウボードはそのままで使用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android