コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナイフ knife

翻訳|knife

デジタル大辞泉の解説

ナイフ(knife)

洋式の小刀。「飛び出しナイフ」「ペティナイフ
特に、洋食の際に食卓で用いる小刀。「ステーキナイフ
[補説]書名別項。→ナイフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ナイフ

重松清による小説。1997年刊行。1998年、坪田譲治文学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナイフ【knife】

ものの切断に用いる1枚刃(片刃)の刃物短刀刀子(とうす),小刀,切出し,包丁などを指し,両刃のものは短剣と呼びならわしている。人類にとって最も古く,最も代表的な利器であり,旧石器時代にはフリント黒曜石を鋭く打ち欠いたものがナイフの役割を果たし,外敵から身を守るための武器として,あるいは獲物の解体,調理の用具として用いられた。後期旧石器時代には手に持ちやすいように片側を刃つぶししたナイフ型の石器がつくられ,新石器時代に属するエジプトファイユーム遺跡からは,現在のナイフの形に近いものが出土している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ナイフ【knife】

物を切ったり削ったりするのに使う、洋式の小刀。
洋食用の小刀。 「 -とフォーク」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナイフ
ないふ
knife

刃物で、主として料理や食事に使用するものをナイフという。とくに片刃のもののみをナイフということが多い。[河野友美]

歴史

ナイフは非常に古いもので、ヒトが原始社会をつくって生活していた時代からすでに使用されていた。石器時代に石でつくったナイフが発掘されているから、ナイフは人類の出現とともにあったたいせつな用具であるということができる。初めのナイフは、堅い石を割ったものであったが、やがてこれが発展し、人工的に刃をとがらせたものになった。こうしたものが原始社会からあったのは、肉類などを裂くとか、あるいはすこし大きな芋や果実などを割ったり切ったりするのに、ぜひ必要であったからである。もちろん、防御や戦いに必要なものでもあり、武器としても必需品であったためと思われる。その後、金属製のものができ、最初は青銅のものが使われたが、やがて鉄が利用できるようになると、鉄製のナイフが用いられるようになった。
 ローマ時代には、料理の発展とともに料理用のナイフができ、さらに17世紀なかばになって、食事が手づかみから、ナイフ、フォークといった食器を使うようになると、装飾的なものとともに、実用的なナイフが用いられるようになった。ただし、ナイフと包丁の区別は日本でははっきりしているが、ヨーロッパでは、ローストしてそのまま食卓に出した鶏(とり)や子羊などの料理があり、こういったものを処理するのに包丁状のものが必要であったためか、判然と区別できないものも多い。たとえば小形の調理用包丁はペティナイフとよばれるなど、そのよい例である。[河野友美]

種類

ナイフには各種の目的によって、調理あるいは食卓用だけでなく、その他に使用するものもある。たとえば、ペーパーナイフのように紙を切る目的のものもある。また、携帯して野外で木を切ったり、枝を払ったりするものもある。しかし、一般には調理用と食卓用が主である。
 調理用ナイフは一般に、ペティナイフ以外は日本では包丁として分類されているから、ここでは取り上げない。食卓用ナイフは、肉用ナイフ、果物ナイフ、バターナイフ、チーズナイフ、魚用ナイフ、グレープフルーツ用ナイフなどがある。肉用のナイフは鋭い刃のついたものが多く、近年はぎざぎざのついているものもある。魚用のナイフは先の丸くなったものが多く、とくに柄(え)に飾りのついて膨らみをもったものがよく使われている。また、ソースがすくいやすいように、面積を大きくとり、ナイフをスプーン型にしたような形のものもある。もちろん湾曲はなく、平らであり、ケーキサーバーに似た形である。
 果物ナイフは一般に小形のもので、目的により皮をむきやすくしたものや、実を切りやすくしたものなどがある。また、果物の場合ナイフを各自が使用するのではなく、あらかじめ処理した果物を供することも多い。グレープフルーツナイフは果物ナイフの一種であるが、非常に特殊な形態をしている。これは、グレープフルーツは半分に切り、スプーンで果肉をすくって食べることが多いが、このとき皮に近いほうの袋と実が外れにくいため、薄くて先の曲がったナイフで、周辺の果肉と内皮を切り離すために使用するものである。チーズナイフは、チーズによってはかなり粘性をもっているものが多く、切れ味のよい、先のとがったものや、先が二またに分かれ、切りとったチーズを刺して取り出しやすいようにしたもの、波形にして、プロセスチーズなどの形をきれいに切れるように、くふうされたものなどもみられる。バターナイフは、バターをパンにつけるときなどに延ばしやすいように、一方の端を丸く、もう一方の端を直線状にするとともに、先にとがりをつけ、バターを、皿に盛ったものから取り出しやすいようにするなどのくふうがされている小形のナイフである。刃は鋭くない。[河野友美]

材質

ナイフの材質は、現在使用されているものは、多くがステンレスや、真鍮(しんちゅう)のクロムめっきしたもの、銀めっきのもので、軽便なものとしては、アルミやプラスチックなどを使用したものもある。また、木や骨でつくったものもあり、装飾的には銀でつくられたものもある。しかし実用上、銀のナイフは手入れに手間がかかり、保管にも黒変させないよう注意が必要で、特殊な用途の場合にしか使われない。
 陶器のものもあり、最近ではファイン・セラミックスでもナイフがつくられている。そのほか、菓子類に餡(あん)などを詰めるナイフなど、特殊な加工をするときに用いるものなど、特殊用途のものも種類多く存在する。[河野友美]

その他のナイフ

携帯用として、(1)ハンティング・ナイフ、(2)ポケット・ナイフがある。(1)は刃が厚く先がとがっており、革製の鞘(さや)に入れ腰に下げる。用途は狩猟・登山。(2)は折り畳み式で、刃1丁だけか、錐(きり)などのついた小形のものと、鋏(はさみ)・鋸(のこぎり)などの入った大形の登山用ナイフがある。日本では工作用に片刃の切り出しナイフがよく使われたが、現在ではカッターが使われるようになり、あまり使われなくなった。また、鉛筆削り用の小形のナイフもあるが、これも自動の鉛筆削り器などの普及で、ほとんど姿を消している。[河野友美]
『井上武・相田義人監修『ナイフの本』(1982・双葉社) ▽織本篤資著『ナイフ学入門』(1993・並木書房) ▽織本篤資著『和式ナイフの世界――火・鋼・技が生む切れ味の秘密』(1994・並木書房) ▽黒田孝弘著『ナイフ・ユーザーズ・バイブル――選び方、使い方からメンテナンスまで』(1995・朝日ソノラマ) ▽『ナイフ・メイキング読本――最古の道具、ナイフを自分の手で作る』(2004・ワールドフォトプレス) ▽成美堂出版編集部編『日本と世界のナイフカタログ 2006』(2005・成美堂出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のナイフの言及

【メス】より

…主として外科領域の切開に用いられる。メスはオランダ語がそのまま日本語に定着した言葉で,英語ではscalpelまたはknife,ドイツ語ではMesserである。刃の大きさと形状にはさまざまな種類があり,使用する個所により使い分ける。…

【食事】より

… 銘々膳が普及し,すべての食物をあらかじめ盛り分けて,膳の上に並べて供するという食事における食物の配給制が徹底したことが,日本の伝統的食べかたの特徴であり,それにともなって家族においても,誰の使用する食器かが区別され,食器の個人専用化がいちじるしい。 ナイフ,フォーク,スプーンを使用して食事をする風習が,ヨーロッパで普及するのは18世紀以後のことである。古代から,肉を切り分けるためのテーブルナイフは存在したが,1本のナイフで切り分けたのちには手づかみで食べた。…

【刀子】より

…現在の用語でいえば〈こがたな〉であり,〈ナイフ〉である。《日本書紀》垂仁紀には〈刀子〉とも〈小刀〉とも混用しているのを,どちらも〈かたな〉と読んでいる。…

※「ナイフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ナイフの関連キーワードdesign cutterグレープフルーツナイフフォールディングナイフロックブレードナイフフィッシングナイフウエディングケーキバタースプレッダーカービングナイフ岐阜県関市平賀町バタフライナイフペーパーナイフアーミーナイフテーブルナイフテーブルウエアポケットナイフジャックナイフデザートナイフカスタムナイフプレースマットステーキナイフ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ナイフの関連情報