コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セティフ県 セティフSétif

1件 の用語解説(セティフ県の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セティフ〔県〕
セティフ
Sétif

アルジェリア北東部の県。県都はセティフベジャイア港を中心とする地中海沿岸から内陸部に広がり,テルアトラス (アトラステリエン) 山脈からオート高原東端の塩沼沢地ホドナ湖を含む。気候は,北部はしのぎやすいが,南部は寒暑がきびしく雨が少い。ワイン,穀類,コルク,畜産,鉄鉱などを産するほか,都市では食品加工,軽工業が行われる。主要都市は県都のほかにムシラ,ボルジュブーアレリジュ,エウルマなどがあり,人口稠密地帯の一つ。面積1万 8116km2。人口 100万 694 (1987) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone