セブン&アイ・ホールディングス(株)(読み)せぶんあんどあいほーるでぃんぐす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セブン&アイ・ホールディングス(株)
せぶんあんどあいほーるでぃんぐす

コンビニエンス・ストア、スーパーマーケット、百貨店、レストラン、金融、通信販売などの企業グループを統括する持株会社。2005年(平成17)9月に設立。2006年にそごう、西武百貨店を統括する持株会社ミレニアムリテイリング(現、株式会社そごう・西武)を完全子会社化した。おもな子会社にセブン‐イレブン・ジャパン、北米の7-Eleven,Inc.、イトーヨーカ堂、ヨークベニマル、そごう・西武、セブン & アイ・フードシステムズ、セブン銀行などがあり、中国などに数多くのグループ会社をもつ。資本金500億円(2016)、売上高約10兆7030億円(2016。連結ベース)。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android