セブン

精選版 日本国語大辞典「セブン」の解説

セブン

〘名〙 (seven)
① 七をいう。〔舶来語便覧(1912)〕
② (七(しち)と質の音が通じるところから) 質屋をいう隠語。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「想ふに又貸とはプレテキスト〔遁辞(にげこうじゃう)〕でセブン〔七(しち)〕へポン〔典(いれる)〕した歟、セル〔売(うる)〕したに相違ない」
ラグビーで、フォワード七人でスクラムを組むこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「セブン」の解説

セブン〔特撮ヒーロー〕

日本の特撮テレビ番組『ウルトラセブン』(1967~68)に登場する巨大変身ヒーロー、ウルトラセブンの俗称。

セブン〔1995年:アメリカ映画〕

1995年製作のアメリカ映画。原題《Seven》。キリスト教の「七つの大罪」に見立てた連続殺人事件をテーマにしたサイコ・サスペンス。監督:デビッド・フィンチャー、出演:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、ケビン・スペイシーほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「セブン」の解説

セブン(seven)

数の7。七つ。日本の七・五・三の場合のように縁起のよい数といわれる。「ラッキーセブン
《「しち(七)」と音が同じところから》質屋のこと。
ラグビーで、7人で組むスクラム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android