コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セム語系諸族 セムごけいしょぞくSemites

1件 の用語解説(セム語系諸族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セム語系諸族
セムごけいしょぞく
Semites

西アジア,アラビア地中海東岸,アフリカ北東部に分布し,セム語を用いる諸民族の総称。形質的にはコーカソイドオリエント人種に属し,黒色波状毛,褐色の皮膚,長頭などの特徴をもつ。ユダヤ人西南アジアアラブ人などが代表的民族。歴史上は前 3000年頃から活躍し,ユダヤ教,キリスト教,イスラム教を生み,アルファベットやアラビア文字の普及などオリエント文明の創造者といえる。セムの語は旧約聖書のノアの長男セム Shemに由来し,伝説上その子孫といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone