コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セメ

日本音楽用語。「責」の字をあてる。 (1) 竜笛能管などで,強く息を吹入れて出される高音域の音のこと。低音域の「和 (ふくら) 」に対する。 (2) 篳篥 (ひちりき) の舌を締めつける籐製の輪。 (3) 狂言の囃子事の一つで,笛,大小鼓,太鼓を使って地獄責めを表わすもの。 (4) 舞踊曲において,主役が地獄の責めに苦しむ場面の音楽のこと。 (5) 新内節などで,激しい緊迫した動作・場面を表わすのに用いられる旋律型。なお,「攻め」と書く場合は,筑前琵琶の合戦を表わす歌と琵琶の手 (旋律型) をさす。薩摩琵琶クズレに相当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

セメの関連キーワード白色ポルトランドセメントフライアッシュセメント住友大阪セメント[株]武甲山(ぶこうざん)太平洋セメント(株)太平洋セメント[株]ポルトランドセメント日本セメント[株]アフリカ人民族会議特約販売店保証保険セメントペーストセミパラチンスクエタニットパイプ住友大阪セメントアルミナセメントカラーセメントシリカセメントセメント芽細胞スラグセメント太平洋セメント

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セメの関連情報