コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能管 のうかん

6件 の用語解説(能管の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能管
のうかん

日本の楽器の一種。能の囃子に用いられる管楽器で,歌舞伎の囃子にも用いる。雅楽の竜笛 (りゅうてき) とほぼ同じ形態,構造であるが,管長および指孔の間隔が不定。指穴は7穴の竹製の横笛であるが,いくつかの短い管をつないで,樺 (かば) または籐 (とう) で巻いて漆で留め,内側と穴の周囲は朱漆を塗る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のう‐かん〔‐クワン〕【能管】

能に用いる、7指孔で長さ約39センチの横笛。4~6本の短い管をつなぎ、また、吹き口と指孔の間には別の管(喉(のど))をはめ込む。歌舞伎囃子(ばやし)や民俗芸能にも用いられる。能笛(のうてき)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

能管【のうかん】

能楽に用いる笛。竹製横吹きで指孔は7個あり,形状は雅楽の竜笛に似ているが,管の内側に喉(のど)と呼ぶ別の短い管を入れるなどの構造上の違いがあり,音高が一定せず,平均律的な旋律が吹きにくいように作られている。
→関連項目四拍子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のうかん【能管】

日本の横笛の一種。能・狂言においては唯一の旋律楽器であり,歌舞伎囃子,江戸の里神楽,京都の祇園囃子などでも用いられる。能の分野では単に〈笛〉と称することが多く,演奏家も笛方(ふえかた)と呼ばれる竜笛(りゆうてき)を祖とし,外観や内径の変化はよく似ているが,後述のように管内に喉(のど)(または管(くだ))のある点が異なり,それは能管の最大の特徴でもある。 素材は女竹(めだけ)で,煤竹(すすだけ)を良材とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のうかん【能管】

能の囃子はやしで用いる横笛。七孔で長さは約39センチメートル。外見は雅楽の竜笛りゆうてきに似るが、音は強く鋭い。歌舞伎囃子でも用いられる。能笛。管。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能管
のうかん

日本の管楽器の一種。竹製の横笛で、能や狂言の囃子(はやし)に用いられることからこの名がある。歌舞伎(かぶき)の下座(げざ)音楽や長唄(ながうた)囃子、また江戸の里神楽(さとかぐら)や京都の祇園(ぎおん)囃子などの各種の民俗芸能にも用いられる。外観や全体の音高が雅楽の竜笛(りゅうてき)に似ているので、竜笛から変化したものと考えられるが、内部構造は竜笛とはまったく異なり、その変化の経緯は不明である。全長約39センチメートル、7孔で、歌口(うたぐち)と指孔の部分以外は外側を樺(かば)または籐(とう)で巻いて漆をかけ、管の内側と歌口および指孔の周囲は朱漆で塗り固めてある。構造上竜笛ともっとも異なる点は、歌口と第1指孔との間に「喉(のど)」とよばれる細く短い管が挿入してあることで、これによって倍音構造がきわめて不規則となり、この楽器独特の鋭い音色と特徴的な音律とが生み出される。[千葉潤之介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の能管の言及

【音取】より

…さらに神楽にも和琴(わごん),篳篥,神楽笛による固有の音取が奏される。 能においては,能管に音取という旋律がある。これは,高音(たかね)とか六ノ下(ろくのげ)などという名をもつ数節からなる非拍節的な旋律で,小鼓の置鼓(おきつづみ)(特殊な囃子事の一つ)と合奏される。…

【能】より


【囃子】
 能には,小鼓(こつづみ),大鼓(おおつづみ),太鼓(たいこ)の4楽器を用いる。笛は,他種目用の管楽器と区別して呼ぶときには能管と称する。笛,小鼓,大鼓はすべての能に用いられ,演目によってはこれに太鼓を加える。…

【笛】より

…しかし日本では,それらのなかでもいわゆる横笛の類が多用され,とくに親しまれてきたため,笛といえば横笛のことという観念もまた強い。 横笛とは竜笛(りゆうてき),能管篠笛等々を指す俗称で,演奏時の構えに由来する呼び方であるが,原理的・構造的にも共通性があり,和楽器以外(たとえば洋楽のフルート)にも適用が可能である。その発音機構には目で見る限り,音づくりのきっかけをつくる振動体であるリードの存在が認められない(このことを指してノンリードなどともいう)。…

【呂中干】より

…能の用語。笛(能管)の旋律やリズムの母体となる楽句(〈地〉という)の一種である〈呂中干ノ地〉の略称。〈呂・中・干・干ノ中〉と呼称する音高や旋律の異なる4句から成る。…

【渡り拍子】より

…句から句へ拍子が渡ることからの名称とも,また祭礼などで大勢の者が練り歩くときに用いられる囃子物からの名称ともいう。能には笛(能管)と謡事に渡り拍子があり,笛は規則的な拍の存在が明確なリズムで,毎句第1拍に当てて吹き出すのを基準とする。〈下り端(さがりは)〉〈楽(がく)〉〈猩々乱(しようじようみだれ)〉〈鷺乱〉〈獅子〉などに用いられる。…

※「能管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

能管の関連キーワード青葉わらんべ草狂言小謡胡竹然りやに於いてはやあやあ能/狂言アシライ[会釈]高麗笛∥狛笛

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能管の関連情報