コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑前琵琶 ちくぜんびわ

5件 の用語解説(筑前琵琶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑前琵琶
ちくぜんびわ

楽器名およびその音楽。明治中期,筑前盲僧出身の橘智定 (1世橘旭翁 ) が零落の一途にあった筑前盲僧の琵琶楽の衰微を憂慮し,薩摩琵琶を研究して盲僧琵琶改良を試み,さらに門下の吉田竹子鶴崎賢定とともに三味線の手法を加味するなどして新しい琵琶楽を完成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちくぜん‐びわ〔‐ビハ〕【×筑前××琶】

明治20年代、博多で橘智定(たちばなちじょう)・鶴崎賢定(つるさきけんじょう)・吉田竹子が創始した琵琶楽、およびそれに用いる楽器。筑前盲僧琵琶をもとに、薩摩(さつま)琵琶三味線音楽を参考に作られた。楽器は薩摩琵琶よりやや小さく、4弦または5弦を張り五柱(じゅう)を設けて撥(ばち)で奏する。今日、橘智定(旭翁(きょくおう))の系統が栄えている。筑紫琵琶

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

筑前琵琶【ちくぜんびわ】

琵琶楽の一流派。筑前地方に伝承されてきた盲僧琵琶に,薩摩琵琶三味線音楽の要素を取り入れ,明治中ごろ成立したもの。華麗な音楽性が喜ばれ,流行した。楽器は4弦が基本で,5弦のものも使われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちくぜんびわ【筑前琵琶】

明治20年代、博多で橘智定たちばなちじよう(号、旭翁)らによって創始された琵琶、また、それを伴奏とした語り物。筑前の盲僧もうそう琵琶をもととし、薩摩琵琶と三味線音楽を参考にしてつくられたもの。楽器は薩摩琵琶より小さく、四弦または五弦で五柱ごじゆう。筑紫琵琶。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑前琵琶
ちくぜんびわ

琵琶楽の1種目、およびそれに用いる楽器の名称。薩摩(さつま)琵琶とともに琵琶楽の二大流派をなす。
 明治維新後、盲僧(もうそう)制度が廃止され、北九州を中心とした盲僧琵琶は衰微したが、その伝統を基に明治20年代、若い3人の音楽家が新琵琶楽を創始した。そのなかの橘智定(たちばなちじょう)(初世橘旭翁(きょくおう))と鶴崎賢定(つるさきけんじょう)は晴眼者であったが、筑前盲僧琵琶の家系を継ぐ者で、とくに前者は一時鹿児島で薩摩琵琶を学び、盲僧琵琶の楽器改良などを行っている。もう1人の吉田竹子は芸妓(げいぎ)の出身で、三味線の知識をもって新様式樹立に寄与した。1893年(明治26)吉田竹子作曲の『谷村計介(たにむらけいすけ)』が、公表された最初の作品といわれている。当時は東京を中心に薩摩琵琶が全国に流行しつつあったが、橘は自ら旭翁と名のり、吉田とともに上京し新琵琶楽の普及に努めた。その結果、旭翁の橘流が薩摩琵琶と人気を二分するに至り、それと区別して筑前琵琶と称されるようになった。以後、橘流は全国的に広まり、とくに2世旭翁は優れた作曲家であったため、大正期にはますます発展した。また、初世・2世は、初世の娘婿旭宗(きょくそう)とともに、器楽の効果をあげる目的で、本来の四弦琵琶に一弦を加え、筑前琵琶の様式を豊かにしている。3世旭翁は伯父旭宗と音楽理念を異にし、ここで橘流は旭(あさひ)会と橘会に分派する。一方、吉田竹子の門からは高峰筑風(ちくふう)が出て一時名声を博したが、後継者がなく衰えた。
 楽器は薩摩琵琶よりやや小さく、四弦のものは全長約83センチメートル、五弦のものは約87センチメートルである。四弦、五弦とも柱(じゅう)は5個。四弦は斜めに、五弦は立てて構え、薄いツゲ製の撥(ばち)で弾奏する。両方とも腹板が特別処理の桐(きり)製のため音が非常に柔らかく、この音質によって、薩摩琵琶の男性的な性格に対し、筑前琵琶は女性的といわれる。歌詞は七五調を基本とするが、歌唱の切れ目だけでなく歌いながら弾奏する部分がある点が特徴的である。『湖水渡(こすいわたり)』『扇(おうぎ)の的(まと)』『壇(だん)の浦』『小督(こごう)』『衣川(ころもがわ)』などの作品が有名である。[シルヴァン・ギニアール]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の筑前琵琶の言及

【橘旭翁】より

…筑前琵琶橘流の宗家,旭会(あさひかい)会長。(1)初世(1848‐1919∥嘉永1‐大正8) 旭翁の名は1911年より。…

【日本音楽】より

…箏曲界に次いで洋楽の影響を多く受けたのは長唄である。なお,この期の邦楽界に新しく加わったものとしては,薩摩琵琶,筑前琵琶,都山流(とざんりゆう)尺八,浪花節(なにわぶし)などがあげられる。薩摩琵琶は仏教寺院の法要琵琶であった盲僧琵琶をもとに室町末期から武家の教養音楽として薩摩藩に発達したものであるが,明治維新による薩摩出身者の東京進出により,郷土芸能であった薩摩琵琶も東京に紹介され,全国的な芸能になった。…

【琵琶】より

…(3)薩摩琵琶 このように盲僧琵琶はすでに世俗化の傾向を示したが,別の世俗的な琵琶楽を近世に生み出すきっかけをも提供した。それは16世紀後半に始まった薩摩琵琶と19世紀末からの筑前琵琶を代表とするいわゆる〈琵琶歌〉である。薩摩琵琶が始まった動機は,薩摩藩の島津忠良(ただよし)が武士の士気を鼓舞する目的で盲僧の楽器を借用して教訓歌を歌わせたことであったと伝えられている。…

【盲僧】より

…外来楽器の琵琶を奏する盲僧は,すでに奈良時代には存在したと思われるが,中世初頭に《平家物語》を語る平曲を表芸とする一団が活躍して地神経や荒神経を読んで地神や竈神(かまどがみ)をまつる盲僧から分離した。筑前琵琶の源流をなす筑前盲僧は,唐から直接日本に伝来した直系を称し,薩摩琵琶は鎌倉時代初期に島津氏に従って薩摩に下った盲僧の系譜を伝える。かつて地鎮祭(じちんさい)や荒神祓,土用経(どようきよう)にまわった盲僧の姿は,九州一帯や長門,石見,大和などでも見られたが,現在では国東(くにさき)半島や北九州市,対馬の一部に残るにすぎない。…

※「筑前琵琶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

筑前琵琶の関連キーワード橘千蔭山橘たちばな夢たちばなビレッジ滋賀県彦根市立花町橘〈町〉橘町立花町橘智定橘智正

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

筑前琵琶の関連情報