コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルブスベルク岩 セルブスベルクがんsölvsbergite

岩石学辞典の解説

セルブスベルク岩

細粒完晶質の半深成岩で流状組織をもち,アルカリ長石,エジリン,少量のカトフォライトまたはアルヴェゾ閃石からなる岩石で,マフィック鉱物に富み石英は含まない.ボストン岩(bostonite)よりも有色鉱物に富み,グロルド岩(grorudite)とは石英を欠くか少ない点が異なり,チングア岩(tinguaite)とはネフェリンを欠くことが異なっている[Brögger : 1894].ノルウェー,オスロ地域,グラン(Gran)のセルヴスベルク(Sölvsberg)に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android