コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セレンディピティー serendipity

翻訳|serendipity

デジタル大辞泉の解説

セレンディピティー(serendipity)

求めずして思わぬ発見をする能力。思いがけないものの発見。運よく発見したもの。偶然の発見。
[補説]英国の作家ホレス=ウォルポール(1717~1797)の造語。ウォルポール作の寓話The Three Princes of Serendip(1754)の主人公にこのような発見の能力があったことによる。Serendipはセイロン(現スリランカ)の旧称。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

セレンディピティー【serendipity】

思いがけないものを発見する能力。特に、科学分野で失敗が思わぬ大発見につながったときなどに使われる。セレンディピティ。 〔おとぎ話 The Three Princes of Serendip の主人公たちがこの能力をもっていることから。イギリスの作家 H =ウォルポールの造語〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

セレンディピティーの関連キーワードウォルポール南真梨亜

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セレンディピティーの関連情報