セレンディピティー(英語表記)serendipity

翻訳|serendipity

デジタル大辞泉の解説

セレンディピティー(serendipity)

求めずして思わぬ発見をする能力。思いがけないものの発見。運よく発見したもの。偶然の発見。
[補説]英国の作家ホレス=ウォルポール(1717~1797)の造語。ウォルポール作の寓話The Three Princes of Serendip(1754)の主人公にこのような発見の能力があったことによる。Serendipはセイロン(現スリランカ)の旧称。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

セレンディピティー【serendipity】

思いがけないものを発見する能力。特に、科学分野で失敗が思わぬ大発見につながったときなどに使われる。セレンディピティ。 〔おとぎ話 The Three Princes of Serendip の主人公たちがこの能力をもっていることから。イギリスの作家 H =ウォルポールの造語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

セレンディピティー

〘名〙 (serendipity) 求めずして思わぬ発見をする能力。思いがけないものの発見。運よく発見したもの。
[補注]イギリスの作家ホレス=ウォルポール一七一七‐九七)の造語。寓話 The Three Princes of Serendip (一七五四)の主人公にこのような発見の能力があったことによる。Serendip はセイロンの旧称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セレンディピティーの関連情報