コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セロリー セロリー Apium graveolens; celery

2件 の用語解説(セロリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セロリー
セロリー
Apium graveolens; celery

セリ科の一,二年草。北ヨーロッパ原産で,古くからヨーロッパ西アジアで各地に栽培されていた。セルリーとも呼ばれ,またオランダ人によりもたらされたので,オランダミツバの名もある。茎は直立分枝し,高さ 60~90cm,緑色で稜があり,2~3回羽状複葉を互生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

セロリー

 [Apium graveolens].セルリー,オランダミツバともいう.セリ目セリ科セロリ属の一〜多年草.主に地上部をサラダなどの食材にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セロリーの関連キーワードカミツレ北ヨーロッパヨーロッパ原子力共同体ズッキーニパースニップセルリアク野襤褸菊北ヨーロッパ学会ノボロギクフウリンソウ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

セロリーの関連情報