センシゴケ(読み)せんしごけ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

センシゴケ
せんしごけ
[学]Menegazzia terebrata (Hoffm.) Mass.

地衣類ウメノキゴケ科の1種。平地から山地の樹皮に生え、地衣体は直径20センチメートルくらいの類円形に広がって生える葉状地衣。地衣体の裂片の中央部には円形の小さな孔(あな)が散在する。日本では北海道から九州にかけて分布し、ヨーロッパや北アメリカにもみられる。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android