セント・オーガスティン修道院(読み)セント・オーガスティンしゅうどういん(英語表記)St.Augustine's Abbey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セント・オーガスティン修道院
セント・オーガスティンしゅうどういん
St.Augustine's Abbey

イギリス南東端,ケント県カンタベリーにある修道院。 597年,教皇グレゴリウス1世の命によりケント王国にキリスト教布教のためカンタベリーを訪れたベネディクト会修道士アウグスチヌスによって,聖ペテロと聖パウロに捧げるために創建された。その後バイキングの侵入により破壊されたが,10世紀にカンタベリー大司教ダンスタンによって,アウグスチヌスに奉献する修道院として再建された。 1538年,ヘンリー8世の修道院解散命令により閉鎖され,現在ではその跡がセント・オーガスティン・カレッジ構内に残っている。 1988年カンタベリー大聖堂セント・マーティン聖堂とともに,世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android