セーヌエマルヌ県(読み)セーヌエマルヌ(英語表記)Seine-et-Marne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セーヌエマルヌ〔県〕
セーヌエマルヌ
Seine-et-Marne

フランス北部,イルドフランス地域 (レジオン) の県。県都ムラン。パリ東方にあり,黄土におおわれた湿潤なブリ台地が大部分を占める。穀類,テンサイ,ブドウなどが栽培されるほか,酪農も盛んで,ブリ,クロミエなどの銘柄のチーズを産する。セーヌ,マルヌ両川とその支流に沿って,ムラン,モー,クロミエ,モントローフォーティヨンヌなどの小工業都市がある。南部,セーヌ川左岸にはフォンテンブローの森が広がり,旧王宮のある公園として,パリ市民の憩いの場になっている。面積 5915km2。人口 107万 8166 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android