コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゼロ記号 ゼロきごう signe zéro

2件 の用語解説(ゼロ記号の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゼロ記号
ゼロきごう
signe zéro

言語学用語。スイスの言語学者 H.フレによれば,「シニフィアンが姿をもっていないこと自体が,一つのシニフィアンとして機能する記号」をさす。形態的特徴の不在をゼロと示すが,文化における記号は,たとえば選挙の白票や議論における沈黙など,ゼロの形をとることによって意味作用をもつ記号となる場合がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ゼロきごう【ゼロ記号】

言語学で、形式上の欠如が意味をもつ場合、その欠如している箇所を記号としてとらえた呼称。例えば、英語の sheep は単数・複数同形であるが、複数で用いられた sheep の場合、複数を表す -s がゼロ記号として存在すると考える。
時枝誠記の用語。例えば「花が咲く」という文の場合、「咲く」の下には「だ」に当たる辞がゼロ記号の形で存在していると考え、それが断定の陳述を表すものとしてはたらいていると考える。「火事!」「雨?」の場合も、「火事」「雨」の下にそれぞれゼロ記号の辞が存在しているとする。零れい記号。 →

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゼロ記号の関連キーワードうじゃうじゃきいきいきゃあきゃあぐじぐじごてごて勤・権・言すぱっとテーマなんざあぶうぶう

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone